書籍案内

Amazonからもご注文
いただけます

略奪者のロジック
支配を構造化する210の言葉たち


響堂 雪乃 [著]

四六判並製/240ページ/本体価格1,400円
ISBN 978-4-88320-578-3

我々は何者によって支配されているのか?

小沢一郎疑獄事件、9.11同時多発テロ、グローバリズム、アジア通貨危機、福祉国家の解体、TPP、報道統制、国家破綻……あらゆる世界現象は邪悪な論理(ロジック)によって貫かれている。"脅威"の正体を暴く「暗黒の箴言集」!

略奪者の論理から、現代の構造を読み解くスリリングな知的冒険
「日本を強請りとることが可能である」(マーク・シンクレア ニュージーランド外交貿易省TPP首席交渉官)
「脅威を高め続けろ!」(ドナルド・ラムズフェルド 米国第21代国防長官)
「フリーターこそ終身雇用だ」(南部靖之 人材派遣会社パソナ社長)
「食物を支配することで個人を支配できる」(ヘンリー・キッシンジャー 米国元国務長官)
「大衆は忘れやすく、単純なスローガンを好む」(アドルフ・ヒトラー ナチスドイツ総統)

著者紹介

響堂雪乃(きょうどう・ゆきの)
◎システムインテグレーターとして国内、東南アジアなどに勤務。そのかたわら、各種媒体で書評、音楽評、コラムなどを執筆。2012年、ブログを書籍化した『独りファシズム つまり生命は資本に翻弄され続けるのか?』が話題に。グローバリズム、財政問題、多国籍企業による搾取などをテーマに精力的な情報発信を続けている。

好評既刊

飯山 一郎 「「横田めぐみさんと金正恩」

本体 1,300円