書籍案内

Amazonからもご注文
いただけます

どんなガンでも、自分で治せる!
治った先輩、その方法を教えて下さい

NPO法人「ガンの患者学研究所」代表

川竹 文夫 [編著]


四六並製/320ページ/本体価格1,500円
ISBN 978-4-88320-702-2


<ガン消失への道>は、ここにある!

現役のガン患者5人が、
自分で治した先輩たちに、
その方法を徹底取材した、
史上初のルポルタージュ!
執筆者自身と、読者の人生を賭けた、命がけの試み。

ガン自助退縮(自然退縮)の真実がわかる本



<ガンの治し方は、治した先輩に聞ける!>

ガンは治る。
再発・転移はもちろん、
医者が匙を投げた末期ガンも、やはり治る。
特別な人が、特別なことをして治したわけではない。奇跡などではない。
「ガンの患者学研究所」では、だれもが実践できる方法で、334人が完全治癒を果たした。
この数字は、間違いなく日本一である。

 会員には、ガンになった医師、看護師、薬剤師たちも珍しくない。精神神経免疫学、心理学、認知科学…諸学を駆使したセミナーには、台湾、韓国、アメリカ、フランス、スペインなど海外からの受講生も参加。そこで治った先輩たちが、現役の患者さん5人に、手とり足とり<自分で治す>方法を伝授するのが本書だ。しかし<自分で治す>のには、相応の努力と真剣さが求められる。そんな覚悟のある方には、ぜひ本書を読んでいただきたい。私たちはガンを治すために、互いに信頼し高め合う集団である
  ――「ガンの患者学研究所」代表・川竹文夫

著者紹介

川竹 文夫 かわたけ・ふみお
1946年生まれ。NPO法人「ガンの患者学研究所」代表。日本ウェラー・ザン・ウェル学会理事長。
NHKのディレクターをしていた90年に腎臓ガンを発病。ガン自然退縮に関する調査研究を開始し、93年に教育テレビスペシャル「人間はなぜ治るのか」を制作。
絶望から生還したガン患者の証言は大反響を呼び、自らの再発ガンの完全消失に成功する。97年、「ガンの患者学研究所」設立後は、セミナーや講演、著書の執筆など「治る人を一人でも増やす」活動に尽力している。
著書に、『「ガン・治る法則」12カ条』『幸せはガンがくれた』『治る食事』『治る力』など。

好評既刊

川竹文夫『「ガン・治る法則」12ヵ条』

本体 1,400円